『正直不動産』は最強の不動産トラブル防止バイブル

マンション

こんちには、モモちゃんです!
今日は私の愛読書『正直不動産』を紹介します。
紹介する理由は、不動産業界を知っている状態で業者と対峙することで、未然にトラブルを防ぐことができるからです。
『正直不動産』は今から住み替えを行う人だけでなく、今の住まいもしくは将来的に相続するであろう不動産に対する知識が一気に身につく、いわば動産トラブル防止バイブルになる漫画です。しかも、賃貸からマンション購入、更には不動産売却まで不動産に関わるあらゆる内容が書かれています。時事問題も取り上げているところもすごくリアリティがあります。
私がこの漫画に出会ったのは不動産業界に入る前だったのですが、ストーリーもわかりやすく面白いかつスカッと爽快な場面もたくさんあるので一冊がすぐに読み終わります。

今では単行本発売日の0時ちょうどに電子書籍で購入するほどはまってます。では、漫画の概要と更なるおすすめ理由を下記に記載します。

概要

「営業に必要なこと以外、客に見せも教えもしない」そんな不動産業界にあって、登坂不動産のエース営業マン・永瀬財地は嘘を厭わぬ口八丁で売り上げナンバー1を叩き出す凄腕だった。だが、とある地鎮祭で石碑を壊して以来、嘘が上手くつけなくなってしまった…!!不動産屋の裏側を全部ぶっちゃけちゃうニュー・ヒーロー、ついに誕生。(公式サイト引用)

今までにない不動産漫画

今まで不動産屋が漫画になる時は黒い人たちと裏で密約して悪どいことをしたり、逆にのほほんと優しい大家さんが描かれていたりと、不動産屋へのイメージにあたる部分が多く、不動産屋の具体的な業務をメインのネタにすることはあまりありませんでした。
しかし、正直不動産では思いっきり不動産屋の日々の業務内容がメインになっています。不動産は専門知識が多く消費者がわかりにくい、いわゆる「情報の非対称性」が顕著にあらわれている業界です。

上記の概要にある通り、主人公は嘘がつけなくなってしまったので、業界でグレーとされている事や黙っていればわからないことも言わずにはいられませんので何が問題なのかが明確に理解できます。


不動産屋の業界の習慣など内事をしっかり知ることで圧倒的に住み替えの成功確率があります。また、巻末にある原案者の夏原武先生と業界人の対談記事も不動産業界で働く端くれとしてもすごく参考になります。

不動産業界人のファンが多い

私は不動産業界の方々の情報収集をする為にTwitterを利用しているのですが、正直不動産が発売されると必ず話題にあがってきます。

まともな業界人が支持しているということもこの漫画が本物だということになると思います。また、著名な業界人が漫画の帯を書いていることも信憑性があるからだと思います。

代表的な人が下記の方々です。ご参考までに

・長嶋修氏(さくら事務所会長)
・深谷十三氏(不動産流通システム社長)
・大島てる氏(事故物件サイト大島てる運営者)
・鈴木誠氏(誠不動産代表)
・全宅ツイ(正式名称:全国宅地建物取引ツイッタラー協会)
→不動産業界インサイダーがTwitterで集い結成した団体

実用的なテーマが多く不動産の全マーケットに対応

下記に所収テーマの一部をあげましたが、どれも私たちが不動産に関わる際には起こり得る出来事です。それが故に実際の住み替え時に必要となる多くの知識が詰められています。

さらに、賃貸・分譲マンション・戸建て・投資・店舗などの不動産の全マーケットの話題に触れているので、ご自身がどんな物件を探していようと参考になるものになっています。

(所収テーマの一部)単行本第12集所収分まで

敷金・礼金泥棒
囲い込み
新・中間省略登記
建築条件付土地売買
瑕疵担保責任
告知義務
融資特約
欠陥マンション
地面師
リバースモーゲージ
AD物件
再建築不可
埋蔵文化財包蔵地
任意売却
タワーマンション
三為業者
既存不適格マンション
賃貸仲介手数料上限値
フラット35
管理費等滞納マンション
水害マンション
通行地役権
眺望悪化マンション
原状回復
未公開物件
狭小住宅
負動産
契約不適合責任
など

これでも、大事なものだけに絞ったつもりです。本当に為になるテーマばかりが取り上げられています。

まとめ

不動産屋との『情報差』をどれだけ埋められるか、が不動産取引を成功させる重要な要素になります。
不動産屋は知識のあるお客さんであれば適当には扱いません。
(めんどくさがられることはありますが、それは担当者が悪いと諦め、他の担当者を選び直しましょう)

だだし、決して不動産屋ばりに詳しくならないと絶対失敗するなんてことでもありません。最低限+αの知識を身につけて取引におけるリスクを少しでもヘッジしておくことが、住み替えを成功に導きます。

効率よく楽しく学ぼうとするなら『正直不動産』ほど最適なものはないと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました