なぜマンションの窓は結露するのか!?

マンション
スポンサーリンク

こんばんは、モモちゃんです♪

本日はマンションの窓が結露する理由を戸建て用の窓とマンション用の窓の違いをもとに説明していきます。

これを理解すると、なぜマンションに使われている窓の断熱性能が低いのか、そしてそれに対する対策までわかります。
対策がわかると健康で快適かつ経済的でもあり、空間を有効につかえるようになります。
ただでさえ狭くなっている都心マンション間取りにおいて少しでも快適に広く使うために、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

サッシ・窓とは?サッシ+ガラス=窓

まず、サッシとは何でしょう?
Wikipediaによると
サッシ(sash)とは、サッシュともいい、窓枠として用いる建材のことをいう。あるいは、窓枠を用いた建具であるサッシ窓そのものをサッシと呼ぶことも多い。
よくわからないですね、、、では窓とは何でしょう?
こちらもWikipediaによると窓(まど)とは、採光、通風、眺望といった目的のために日常は人の出入りに供さない開口部に設置される可動型もしくははめ込み型の建具。
なるほど。窓はイメージはつきますね。
正直、サッシも窓も同じような意味合いで使われていますが、正確に言うとサッシとは窓におけるガラス以外の『枠』を指し、サッシに『ガラスを嵌める』ことで『窓』になると考えてもらうのがいいと思います。
実際にサッシはサッシ屋さん、ガラスはガラス屋さんが仕事を行います。
ただ、最近は窓メーカーなんて言葉もあるくらいで『YKKAP』なんかは住宅用の窓工場が存在し、ガラスをサッシに嵌め込んだ『窓』の状態で出荷する商品も取り扱っており『窓メーカー』と呼ばれたりもします。
今回の記事では分かりやすく『窓』で統一して書かせていただきます。

なぜ?マンションの窓は結露するのか!?

結論、断熱性能が低いからです。
結露は飽和水蒸気量を超えると(露点温度を下回る)と発生します。窓の断熱性能は壁よりも低く家の中で最も温度が下がりやすい場所の1つです。
なので、窓の断熱性能が宜しくないマンション用のサッシには結露が発生しやすくなります。

SUUMO記事参照

戸建て用窓の特徴

戸建てイメージ

主に木造の住宅に使う窓です。
戸建てやアパートに使われていることが多く、樹脂製ないしはアルミ樹脂複合のものがよく使われています。
ガラスもLow-Eという金属膜がついた断熱性能が高いものを使用しており、そのガラスの空気層の厚みも16ミリ取れるものが多いです。
ひと昔前までは全てアルミでできていたサッシに1枚ガラス、良くても単なるペアガラスかつ空気層も6〜12ミリ程度のものが主流でしたが、今ではアルミ樹脂複合が主流になり、樹脂窓の比率も徐々に高まり全国で20%超、東北では50%を超えているようになっています。
画像にもある通り性能を示すU値(1㎡あたりどれだの熱を通すかを示す値)はペアガラスで1.3w/㎡K程、トリプルガラスで0.9w/㎡K程となります。
アルミの窓だとU値が3.0w/㎡K程でしたのでトリプルに対して3倍以上の熱の出入りを許していることになります。
樹脂窓が使われる理由は、家の中で最も熱の出入りの多い(断熱的に最も弱い)窓の断熱を強化することで夏の熱の流入、冬の熱の流出を少なくし省エネで快適な空間を作ろうという考え方が徐々に住宅業界に浸透してきたからです。

YKKAP『マドコト』参照

今では樹脂窓のトリプルガラス仕様もだいぶ一般化されてきました。
中でも、一条工務店は『家は性能』と謳っているだけに樹脂窓のトリプルガラス仕様が標準になっています。

一条工務店ホームページよ参照

ちなみに、戸建て用窓の耐風圧はS-2からS-3となります。
※耐風圧については後ほど触れます。

耐風圧基準

マンション用窓の特徴

こちらは主にRC(鉄筋コンクリート造)やS(鉄骨造)などに使われるものとなります。
マンションとなると木造の住宅と異なり、高さ(階数)のある場所への取り付けとなります。
そんな時大切な指標が先述した耐風圧となります。
マンションでは戸建て用のS-2.3とは異なりS-5以上が必要で、タワーマンションともなるとS-6、7まで必要になります。
マンションの窓はまずこれらの基本性能を満たしていないと使うことができません。
故に断熱性能より耐風圧などが特にフォーカスされることになります。
使う窓の数も戸建てとは比べものにならないほど多く、かつマンションの窓はディベロッパー(売主)側で決定するのでコストが優先され、断熱性能まで予算が回らないというのも現実です。
その結果ほとんどのマンションではアルミサッシにペアガラス(Low-Eではない空気層12mm)の組み合わせが大半を占めます。

建具とガラスの組合せによる開口部の熱貫流率

その場合のU値は4.07w/㎡Kであり、実に住宅用窓の3.5倍もの熱を通してしまうことになります。
それだけ、マンション用窓の断熱性能は低いのです。マンションの角部屋が異常に寒いのも頷けるのではないでしょうか?

まとめ

今回は戸建て用とマンション用窓の違いについて断熱の観点から説明しました。
窓の断熱性能が低いと窓の近く寒いのでその部分の面積を無駄にするのと同じです。
内窓やハニカムサーモスクリーンを設置すると熱の出入りが減り内側の結露も減るので快適に過ごすことができます。

内窓
ハニカムサーモスクリーン

ちなみにですが、マンション用に比べると戸建て用窓の断熱性能は高いですが、世界の住宅用窓と比べるとかなり低いもので、まだまだ改善の余地があります。
エンドユーザーの方々が窓への関心が増して住宅用の窓の断熱性能が高まり、温熱環境的に快適な住宅が増えることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました